建築現場から

外張断熱工法と充填(内)断熱工法では当然に建て方が異なります。

屋根の場合ですと、まず下垂木から始まり、外張断熱材、上垂木、野地板という順番で施工していきます。

写真はまさにその状況です。

そしてこの後に防水シートを張り、最後に屋根材になります。

屋根材にもその効果は求められますが、最終的に雨水を防ぐのは防水シートですから、家を守る大変重要な建材の一つですね。

ここも終わったら見えなくなってしまいますから要チェックですね。

中に住まう人も木造の家も換気が重要ですから、手間をかけてしっかり丁寧に作業を行わないといけません。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房

http://www.takumi-kk.com

スポンサーサイト