施工現場より

工事開始直後なのでまだほとんど葺かれていませんが、こちらの建物は下屋部分が瓦葺きなんですよ。
重量が増す瓦は特に震災後から避ける人も多く、他の屋根材と比べると不人気ですね。

 

確かに屋根が軽いことは理想ですが、瓦葺きが家の崩壊に直結することは少なく、単純にコスト等の問題から建築会社が提案しなくなったことが大きい要因かなと思っています。
ただ、今後は益々「高気密・高断熱」の住宅が求められますので、そうなってくると瓦の需要はある程度盛り返すんじゃんないかとも予想しています。
「高気密・高断熱」の住宅は外からの音が軽減される反面、内部の音が反響しやすくなりますので、例えばガルバリウム葺きの家で大雨が降ると建物内はかなり賑やかになりますからね。
瓦や砂利吹きの鋼板屋根等、音対策がしっかり取れるものが今後はスタンダードになるんじゃないでしょうか。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

スポンサーサイト