日本の家

写真は建築中や竣工した建物の写真なのですが、いわゆる軒の部分です。
昔から日本家屋は軒を深くして雨から建物を守ってきました。
土地の広さから建物が法的な制限を受ける場合、軒を出したくても出せないという状況は在り得ると思いますが、可能であれば屋根を張り出す方が何かと合理的です。
雨は外壁が濡れにくくなるだけでも汚れや雨漏り予防に効果的ですし、夏の強い日射の入り込みも防いでくれます。

 

ローコスト住宅や建売住宅にはないことが多いように、コストダウンで屋根を削る場合も多いですね。
日本には日本の風土がありますから、建築する際にはその部分を踏まえての家づくりが良いと思いますよ。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

スポンサーサイト