スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

外張り断熱施工中

外断熱とも呼ばれる仕様にすると高気密化が容易となります。
ただ外張り断熱にすれば自動的に高気密になるかというとそうでもなく、やはり丁寧に施工することが高気密化の必須条件になります。
断熱材の加工や合わせ方、コーナー部等の外張り断熱材で施工できない箇所のフォロー、そして経年による隙間を生じさせない方法等々。

弊社にはこの工法の経験が25年以上ありますが、気の緩みを持たない意味も含め外張り断熱仕様の住宅は必ず工事中に気密測定を行い、その結果をお施主様へご提出いたします。
断熱性能は何を使うかでその数字が書類上出てきますが、実測が必要なC値(相当隙間面積)はそうはいきません。
多くの会社さんが測定をされていますので、高気密化住宅と謳っていなくても測定の可否、過去の測定結果等は聞いておいた方が良いですよ。

 



「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com/

スポンサーサイト