お披露目

新築現場の足場が撤去されました。
2階部分はサイディングで、矢切と1階部分はモルタルで仕上げております。
配色と外観デザインからノスタルジックな印象を持つ方もいらっしゃるかもしれません。
でも外張り断熱工法による高気密・高断熱ですから、見た目とは裏腹に快適省エネな室内空間ですよ。

 

一から造るフルオーダーメイド住宅は、お決めいただくことも多く大変です。
でも自分自身が住みたいと思える家を建てられるのは、大変な分とても感慨深いものになるかと思います。
人それぞれ考え方はありますが、この情報発信が家づくりの参考になれば幸いですね。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

マンション

マンションの場合には管理組合(区分所有法)というものがあり、好き勝手に工事することができません。
簡単に言うと、それぞれのマンションのルールに基づいて工事する必要があるため、一般的には戸建よりも手間が増えます。
工事する箇所、製品の性能、工事方法等、本当に細かいルールがあったりします。
また階層が高くなると廃材の搬出や建材の搬入代も発生します。
実際にマンションに住まわれている方でも、細かい内容まで把握している方は多くない印象です。

 

画像は現在進行中のマンション工事です。
弊社でもマンションリノベーションやリフォームを行っていますので、気になることがあれば気軽にご相談ください。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

基礎

以前にお伝えしました増築工事現場にて基礎打設が始まりました。
まず増築部分を造り、その後に既存建物の接続部を除去してエキスパンションジョイントで建物同士を接続をします。

 

当局からの指示はかなり厳しく、既存建物に関する書類と現況で不適格になっていないことがまず増築工事の条件となります。
今後この厳しさが緩むことはないと思いますので、増築工事が行えない方も増えていくのではないでしょうか。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

手間はかかりますが

建築中現場より。
吹き抜けに勾配天井が出来上がりました。
仕上げに羽目板を張って綺麗に仕上げています。
手間はかかりますが、平天井より開放感が得られる利点があるので、吹き抜け空間に設計することが多いですね。

 

写真を見ると縁を取るように白いもので囲っているのが分かるかと思いますが、これは年月を経て木が痩せた時を想定して設けているものです。
見た目から嫌う方もいらっしゃるので、無しということでも対応は可能ですが、木が痩せた場合にはそこに接する壁紙が破れたり漆喰が割れたりしますので、できればやっておいた方が良いですよ。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

賃貸建物

新たに戸建賃貸建物の新築工事が始まっています。
以前建築させていただきました6棟のデザイン賃貸建物と似せた外観となります。
http://www.takumi-kk.com/s_04.html


2棟を同時に建築しますので早めに完成できると思いますよ。
また来月にも新築工事が始まる予定ですので、随時更新していきますね。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

家と人に良いこと

昨日今日ととても暑いですね。
そこそこ暑くてジメっとしているのも熱中症のリスクがありますからね。
まだ5月ですがしっかりと暑さ対策をしてください。

 

そんな中、新築現場に行って分かりやすい写真が撮れました。
2階バルコニーの写真なのですが、ご覧いただきお分かりになるでしょうか。
時間は14時頃の最も暑い時間帯です。
実はこの写真、ジリジリと照らす陽の影をしっかりと深い軒で遮っているところを撮影したものです。
葦簀や簾やサンシェードで日を遮るのもある程度効果はありますが、そもそも陽を当たらないようにして、暑さ・雨・汚れの対策をするのに軒の出というのはとても重要なんですよ。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

新規

新たに始まりました建替え新築工事。
現在は既存建物の解体作業を行っており、まずは瓦の除却から。
一昔前の感覚ですと解体は坪単価で単純に費用算出できましたが、現在は分別作業もしっかりと行わないといけませんから、屋根や外壁、構造や仕様、土間やカーポート等色々な要素を含めたお見積りとなり、正直なところ解体費用は結構上がっていますね。

 

ちなみにご自身で解体業者と契約して、建築会社とは別で済ませる方もいらっしゃいます。
別にそれでも良いのですが、鋤取りや樹木等の除却等の新築工事に絡むものもありますから、いつの間にかやっていたというのは余計に費用がかかる可能性もあるので、その場合には一言ご相談くださいね。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

竣工

先日、竣工となった建物のお引渡しをさせていただきました。
解体工事や盛土等の建築前工事や、建物完成後の大規模外構工事も含めると、総工期8ヶ月にも及ぶ中長期建築となりました。

 

外張断熱+充填断熱の「超高気密・高断熱」仕様ですので、実際に家の中に入ると、まるで学校の放送室に入ったような静けさを体感すると思います。
窓を閉めれば室内音が反響しやすいデメリットはありますが、外部と切り離されたような建物内はまさに家族だけの空間。
どうか快適な日々をお送りください。
この度は匠建築工房にご依頼いただき誠にありがとうございました。
今後とも末永いお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

建築現場より

階段造作作業中の現場です。
1階〜2階、2階〜小屋裏と2箇所の階段工事となります。
階段にも色々あり、例えば小屋裏への階段は写真のような固定階段以外に、ハシゴやタラップ等もあります。
使い勝手では固定式が良いですが、場所が確保できない場合や費用の面からタラップを検討する方もとても多いですよ。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

新規工事

新たに始まりました建築工事。
既築建物に約8坪のロフト付き平屋を増築します。
竣工までには全てを含めると4ヶ月弱かかるかと思います。
建築確認待ちというところですので、まず外構工事から初めております。

 

実のところ、ここ最近は増築のご相談が増えております。
ただ昔は気軽に増築工事を行えましたが、現在はそうはいかないんですね。
とても厳格なルールがありますから、もし増築を検討される場合には、まず出来るかどうかを建築会社に調べてもらってからの方が良いですよ。

 

 


「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com