新規工事

新たに始まりました建築工事。
既築建物に約8坪のロフト付き平屋を増築します。
竣工までには全てを含めると4ヶ月弱かかるかと思います。
建築確認待ちというところですので、まず外構工事から初めております。

 

実のところ、ここ最近は増築のご相談が増えております。
ただ昔は気軽に増築工事を行えましたが、現在はそうはいかないんですね。
とても厳格なルールがありますから、もし増築を検討される場合には、まず出来るかどうかを建築会社に調べてもらってからの方が良いですよ。

 

 


「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

見学会建物

もう1週間以上経過してしまいましたが、先日の構造見学会のご報告をホームページにさせていただきました。
まとめると、桜が早く開花したためにご来場された方はいつもよりも少なかった、ということになります。
しかし、それでもご来場いただいた4組の方、そして会場としてご提供いただきましたお施主様に御礼申し上げます。

 

当該建物では和室を除いた充填断熱工事が終了しました。
外+内側のダブルで高性能断熱材にくるまれた家は、気密・断熱性能はもとより遮音性もとても高く、仕上げ工程前から快適性能がグングン上昇しているのが体感できますよ。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

現場報告

次の日曜日に開催いたします構造見学会の現場より。

 

昨日から階段造作が始まりました。
階段の造作は、ものにもよりますが大体4日もあれば終わります…以外にギリギリでしたね。
ただ階段がないと2階に上がるのにハシゴが必要になりますから見学会のときに階段は必須です。
4月1日の構造見学会の時にはしっかりとした階段が出来上がっていますから、2階から立派な丸太梁をご覧ください。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

内覧会

ホームページでは既に告知済みでしたが、いよいよ来週4月1日(日)構造見学会を開催いたします。
建物としては、以下が大きな特徴になります。
・ゼロエネ住宅(外断熱+内断熱)
・自然素材仕上げの家づくり
・土間
・丸太梁
・ソーラーパネル
・蓄電池

 

構造見学会のため上記全ての工事が終了した状態で見られる訳ではありませんが、本当の意味で家の内側が見られますので、家づくりの参考には大変役立つかと思います。
もちろん「見るだけ」でもOKですから、気構えず気軽なお気持ちでお越しください。
ただ建築中の現場ですので動きやすい格好でお願いいたします。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

雨水

お施主様や内覧会等でご覧いただいた方から、時々質問されることの一つに板金の処理があります。
写真はその一つの例で、左の小さい方の写真には屋根の端が切れているのが分かりますでしょうか。
大きい方の写真はそれを下から見たところなのですが、グレーで写っている箇所は折り曲げた鋼板を更に折っているので、裏地の色が出ているためです。
長くなってしまうので具体的なご説明は省きますが、これはどちらも雨水処理なんですよ。
こうしなければ絶対にいけないというものではないものの、やった方が良いというのはご理解いただけると思います。
地震と同等、それ以上に注意しなければいけないとも言える雨漏りですから、対策はしっかりとしないといけませんからね。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

日本の家

写真は建築中や竣工した建物の写真なのですが、いわゆる軒の部分です。
昔から日本家屋は軒を深くして雨から建物を守ってきました。
土地の広さから建物が法的な制限を受ける場合、軒を出したくても出せないという状況は在り得ると思いますが、可能であれば屋根を張り出す方が何かと合理的です。
雨は外壁が濡れにくくなるだけでも汚れや雨漏り予防に効果的ですし、夏の強い日射の入り込みも防いでくれます。

 

ローコスト住宅や建売住宅にはないことが多いように、コストダウンで屋根を削る場合も多いですね。
日本には日本の風土がありますから、建築する際にはその部分を踏まえての家づくりが良いと思いますよ。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

建物外

新築現場にて外構工事が始まっております。
外構工事に関しては弊社が関与せずにお施主様が行うこともあります。
それでもご依頼いただけることの方が多いというのは本当にありがたいことです。

 

外構屋さんと価格競争になった場合の勝負は正直なところ厳しいものがありますが、建物をフルオーダーメイド設計していることから全体的にデザイニングできることが弊社のメリットでしょう。
これに関しては絶対に建築会社でないとと言い切れるものでもありませんから、新築される際には建築会社と相談しながら決めてくださいね。

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

面格子

新築現場にてサッシ取付工事が開始されました。
サッシにも和風洋風、金属製木製等、色々な種類がありますが、価格だけでなく建物のデザインやメンテナンス性も含めて検討しなければなりません。
また、取り付ける箇所によっても考慮する必要があります。

 

写真は通常の縦面格子と可動ルーバータイプの面格子です。
防犯であれば縦面格子で十分ですが、例えばお風呂には可動ルーバータイプの方が良いのかなと思います。
もちろん人それぞれですが、夜間には姿が映し出されることもありますから、この辺りはしっかりと考えて選ばないといけません。
せっかくフルオーダーメイドで建築したのに、建築後に何かしらの後付け目隠しを付けるのも勿体無いですからね。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

触る機会の多いもの

新築工事が一棟終了しました。
外構工事があるので全てが終わったということではありませんが、建物内部は畳敷き以外は完成です。

 

最近多く選ばれるのは写真の床材「ナラ」ですね。
とても綺麗ですが選ばれる理由はそれだけではありません。
ある程度の堅さがあるので傷付きにくく、しかし堅すぎないので素足でも疲れにくい。
これが最も大きい理由かと思います。
決して安い床材ではありませんが、床に限らず実際に触れる機会の多いものは、コストと同程度に心地良さを追求した方が良いと思います。
全ての長所を備える製品はありませんから、どこに重点を置くのかはしっかりと建築会社と相談しながら決めていきましょう。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

工法

上棟が終わり木工事に入った現場です。
早速屋根工事に取り掛かっております。

 

ツーバイフォーと異なり、まず上棟し直ぐに屋根工事に入れるのが、在来工法の特徴の一つですね。
両者どちらにも一長一短がありますが、間取り変更等の自由度が高いのはやはり柱で支えている在来工法です。
鉄鋼や木造、そして工法等難しいことだとは思いますが、建築する際にはしっかりと建築会社の説明を聞いて判断してくださいね。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com