施工現場より

工事開始直後なのでまだほとんど葺かれていませんが、こちらの建物は下屋部分が瓦葺きなんですよ。
重量が増す瓦は特に震災後から避ける人も多く、他の屋根材と比べると不人気ですね。

 

確かに屋根が軽いことは理想ですが、瓦葺きが家の崩壊に直結することは少なく、単純にコスト等の問題から建築会社が提案しなくなったことが大きい要因かなと思っています。
ただ、今後は益々「高気密・高断熱」の住宅が求められますので、そうなってくると瓦の需要はある程度盛り返すんじゃんないかとも予想しています。
「高気密・高断熱」の住宅は外からの音が軽減される反面、内部の音が反響しやすくなりますので、例えばガルバリウム葺きの家で大雨が降ると建物内はかなり賑やかになりますからね。
瓦や砂利吹きの鋼板屋根等、音対策がしっかり取れるものが今後はスタンダードになるんじゃないでしょうか。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

柔軟に

新築現場では基礎立ち上がり部へのコンクリート打ちが終わりました。
いよいよ来週は上棟です。

 

こちらの建物は外張断熱ではなく、充填断熱による断熱方法です。
弊社では20年以上、外張断熱による断熱方法をお勧めしてきましたが、だからといって外張断熱だけしかしないわけではありませんよ。
お施主様の生活パターンや建築する建物、ご予算等に合わせて柔軟に対応できるからフルオーダーメイド建築なわけです。
地元密着工務店として、どんなことでもご相談いただけるよう、これからも益々努力していきたいと思います。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

通気はとても大切です

建築現場から。
前回の野地板の一つ前の状態になります。
外張断熱材を垂木で挟むのは、断熱材のズレを防ぐのと通気層のためですね。

 

時々お客様より、外張断熱材が剥がれ落ちるという話を聞いたとご相談をいただくことがあります。
工程を簡略化し、しっかりと固定しない工事を行った場合にはその可能性を否定できませんが、そういったことを理解した上で20年以上取り組んでおりますので、弊社で建築をされる方はどうぞご安心ください。
ちなみに壁もしっかりと固定させておりますので、もし弊社の建物で剥がれ落ちることがあるならば、それは建物倒壊と同じ意味でしょう。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

建築現場から

外張断熱工法と充填(内)断熱工法では当然に建て方が異なります。

屋根の場合ですと、まず下垂木から始まり、外張断熱材、上垂木、野地板という順番で施工していきます。

写真はまさにその状況です。

そしてこの後に防水シートを張り、最後に屋根材になります。

屋根材にもその効果は求められますが、最終的に雨水を防ぐのは防水シートですから、家を守る大変重要な建材の一つですね。

ここも終わったら見えなくなってしまいますから要チェックですね。

中に住まう人も木造の家も換気が重要ですから、手間をかけてしっかり丁寧に作業を行わないといけません。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房

http://www.takumi-kk.com

着工

写真は新たに工事を開始した現場です。
昨年12月にこちらでご報告しましたね。
既に基礎工事が始まっており、これから枠組、配筋と工事を進めていきます。

 

写真のような基礎や床下、壁内、小屋裏等、建物は工事が終わってしまうと見えなくなってしまう箇所がとても多いですよね。
そして、そういうところで手を抜く業者も残念ながらおりますので、家を建てるときは出来る限り現場に行って実際に見るようにしましょう。
仮に建築の詳しいことが分からなくても、施主様が現場に行くことは建築会社にとっては少なからずプレッシャーになります。
更に施工中の写真を撮ったりするのも良いと思います。

 

…決して対立を煽っているわけではありませんよ(汗)
私たちの場合で言えば「人がやることなのでミスはある。だからチェックが必要」という考えで工事をしておりますが、そこに施主様が加わっていただけると大変ありがたいと思います。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

写真は弊社建築現場なのですが、建物はZEH仕様、いわゆるゼロエネ住宅です。
4年ぶりの大雪でこちらのソーラーパネルにも積雪がありました。

 

実は曇りや雨の日でも僅かに発電するのですが、積雪時の左下までいくと発電は見込めないでしょうね。

こればかりは止むを得ませんから、屋根に登って除雪をすることなく溶けるまで待ちましょう。
ちなみにこれは積雪の多い地域でソーラーパネルがいまいち広がらない理由の一つでもあります。
太陽光発電以外にも検討しやすい選択肢があれば良いんですが。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

連続

前回に建て方と更新しましたが、実は別現場でも翌日に建て方がありました。
2日続けてというのは結構珍しいですね。

 

フルオーダーメイドですから建物のデザインは当然に違う2棟ですが、どちらも外張断熱+充填断熱のダブル断熱材による超高断熱・高気密の住宅です。
建物の初期費用は上がるものの、住み続ける以上発生する冷暖房費用は相当下がりますから、生活スタイルによっては10年もかからず回収できてしまうでしょう。
結果的に環境にも優しいというのが理想ですからね。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

いよいよ

本日は建て方です。
昨日は生憎の雨でしたが、本日は快晴と建て方日和。
雨で木がダメになることはありませんが、作業効率が格段に下がってしまうので本当に良かったです。
30〜40坪程で丸一日はかかりますから、安全丁寧に急がなければなりません。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

上棟に向け

「春日部市S様邸」では配筋・底盤・立ち上がりまで無事終わりました。
来週末には建て方を予定しているため、それまでに型枠バラシと土台敷きを行います。

 

こちらのお宅は国交省や経産省における補助事業での建築ではありませんが、弊社が建築しているゼロエネ住宅と同水準での断熱・気密性能を備えた高性能住宅となります。
補助事業での建築ではないことから、補助事業の建物に対する規制や義務もありませんから、お施主様ご希望通りの家を建てることができるんですよ。

 

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本日より匠建築工房の新年の営業を開始いたしました。
2018年が皆様にとって素晴らしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

「外張断熱で高気密」フルオーダーメイド工務店 匠建築工房
http://www.takumi-kk.com